私は誰でしょう先進な磁記憶式ワイヤロープAI弱磁検測技術

ワイヤロープの安全性を最高レベルに引き上げます

私が何をできる——定量、定位的にワイヤロープ内、外部の断線、摩耗、さび腐食、疲労など様々な損傷を検測します

検出率 重複率 準確率

検出率

深刻な損傷: L M Aがスクラップ上限の8 0 - 1 0 0 %に達すると、検出率1 0 0 %

高程度損傷: L M Aがスクラップ上限の6 0 - 8 0 %に達すると、検出率1 0 0 %

中程度損傷: L M Aがスクラップ上限の4 0 - 6 0 %に達すると、検出率1 0 0 %

軽度損傷: L M Aがスクラップ上限の2 0 - 4 0 %に達すると、検出率> 9 9 %

轻微损伤: L M Aがスクラップ上限の2 0 %に達すると、検出率> 9 0 %

重複率

深刻な損傷:100%

高程度損傷:100%

中程度損傷100%

軽度損傷:>99%

軽微損傷:>95%

準確率

ワイヤーロープ金属断面積(LMA)損失率検測誤差:±1%

断線の数量誤差:<±1線*

ワイヤーロープの直径計測誤差<±1%*

損傷点の定位正確率≧99%

備考:AI視覚識別システムの追加を選択可能です

どうやって一台の優秀な検測設備を選択しますか。

中国のワイヤロープ検測設備は種類が多くて、偽物も多いです。もしお客様は使いやすくないあるいは使えない検測設備を選択すれば、ワイヤロープの安全管理の目標を実現できないし 、逆に新たな安全問題をもたらす恐れがあります。それ以外に、技術が時代遅れの設備を購入すれば、企業に経済損失をもたらす可能性が高い

優秀な設備は“検証結果”から見られます。検証基準は検出率、重複率、準確率があって、高ければ高いほど、優秀な設備であるはずだと思います。

  • 使いやすい技術
  • 使いにくい技術
  • 検証検出率
  • ワイヤロープの断線、、摩耗、さび腐食、疲労、変形など様々な損傷を検出できる。

  • 表面の断線しか検出でくなく、ほかの損傷にも検出できない。

  • 検証重複率
  • 使いやすい先進技術:一本のワイヤロープに重複な検測を行っても、毎回の検出結果がほぼ一致である。

  • 一本のワイヤロープに重複な検測を行って、毎回の検出結果が不一致である。

  • 検証準確率
  • 一本のワイヤロープに重複検測を行っても、毎回検出した損傷値がほぼ一致である。

  • ワイヤロープに量化検測が不可能あるいは重複検測の損傷値が不一致である。

  • オンライン自動検測
  • センサーからワイヤロープの表面まで>30㎜、通過能力が強く、ワイヤロープの高速通過に影響しない。そのため、リアルタイムオンライン監視が実現可である。

  • センサー検測距離<2㎜、通過能力が弱くて、ワイヤロープの振動は、検測プローブを損壊し、リアルタイムオンライン監視を実現不可能である。

私は何をできますか——定量、定位検測。コンベヤーベルトのジョイント変位、断線、表面欠陥、縦引き裂いなど各種類損傷。

  • 2018年世界海洋石油科学技術大会(アメリカ)OTC技術創新賞を獲得

  • 掘削機のワイヤーロープの自動的オンライン監視システム

  • ガンドリークレーンのワイヤーロープオンライン自動的な監視システム

  • ホイストワイヤーロープのオンライン自動的に検測システム

  • 索道ワイヤロープ人工知能検測システム

  • ポータブルワイヤーロープ探傷器

  • ワイヤロープ検測現場

  • 超大直径ワイヤロープ探傷設備

  • エレベータワイヤロープ知能検測の専門システム

  • スチールコンベヤーベルトオンライン自動検測システム(横破断)

  • スチールコンベヤーベルトオンライン自動検測システム(縦引き裂い)

  • スチールベルト断裂事故動画

TCK.W 官方新闻 更多
2020-10-26 TCK.W跻身河南省人工智能创新型企业
《河南省工业和信息化厅》
2020-09-30 TCK.W钢丝绳检测技术获日本发明专利权
《日本发明专利权》
2020-07-28 5000吨浮吊钢丝绳在线自动监测系统成功交付,TCK.W为大国重器护航!
合作客户《振华重工》
2020-07-14 中国煤炭工业协会鉴定—TCK.W技术“国际先进”
《中国煤炭工业协会》
2019-10-28 世界首套钻油平台钢丝绳人工智能检测系统成功运行
河北曹妃甸11-1海上钻油平台
2020-05-27 警惕!疲劳! —TCK.W钢丝绳损伤鉴证实录2020
《山东黄金集团***矿》
2020-05-13 日本白马集团索道钢丝绳智慧检测系统于(2019)11月21日顺利交付。
《日本白马集团》
2020-05-13 新加坡O.W.E. E. Service Pte Ltd批量采购合同于(2020)3月16日顺利交付。
2020-05-13 印度SAI .W. M. Pvt.Ltd.批量采购合同于(2019)10月12日顺利交付。
2020-05-13 美国V. C. LLC批量采购合同于(2018)9月7日顺利交付。
2020-05-13 法国D. I. SAS批量采购合同于3月27日顺利交付。
2020-05-13 力拓集团订购三套TCK.W钢丝绳智慧检测专家系统
合作客户《力拓集团》
2020-05-13 “两桶油”配套TCK.W钢丝绳在线检测系统
合作客户《中海油》、《中石油》
2020-05-13 振华重工批量配套TCK.W钢丝绳在线自动监测系统!
合作客户《振华重工》
2020-09-20 《中新社》《新华社》《人民日报》等媒体聚焦TCK.W国际获奖信息
《中新社》《新华社》《人民日报》
2018-05-02 TCK.W钢丝绳检测技术获得美国OTC技术创新奖
文章来源《中国质量报》
2020-05-14 中国“智造”破解世界钢丝绳检测难题
摘自《国际商报》
2017-09-14 中国探伤仪“诊断”世界索道“生命线”
转载《中国质量报》对TCK.W技术的报道
2017-09-14 中国技术“把脉”世界特种设备生命线
转载《科技日报》对TCK.W技术的报道
2019-09-30 TCK.W钢丝绳自动检测系统在岸桥上的应用
《港口科技》2018年12月第154期
2017-12-08 TCK.W钢丝绳在线检测技术在同煤集团云冈矿的应用
2017-08-03 矿井提升中钢丝绳在线监测的应用
2017-12-08 矿井提升钢丝绳安全监管的创新实践
2017-08-03 峰峰经济效益分析报告(冀中能源)
作者:   单位:峰峰集团

TCK.W弱磁気検測技術——安全は利益をもたらす

50社以上のユーザーは多種の科学週刊に論文を発表し、TCK.W弱磁気検測技術を高評価しました

安全は利益をもたらす

マシンの知恵検測は人工検測を代わります。

ワイヤロープの安全性を最高レベルに引き上げます。

生産、検測2つのプロセスを1に合併し、ワイヤロープ検測の専門時間を減少して、作業時間と効率を向上可能です。

ワイヤロープ検測に専用のエネルギ消耗を減少し、エネルギ節約効果が著しい。

科学的にワイヤロープの使用寿命を延長し、、ワイヤロープの使用コストを節約効果が著しい。

収穫したのはすべて財産だ。

投入だが、更に産出です。

楊歩忠はは2015年第7期≪機械管理開発≫雑誌に論文を発表し“TCK.Wシステムの応用は大同石炭グループの雲岡炭鉱に巨大な経済利益をもたらした。 この炭鉱は主、副及び材料井に4つウインチがあって、毎年ワイヤロープ検測のエネルギ消耗は100万km/h;停機検測時間973hを減少した。 石炭の産出量30.4万tを増加させて、目前475元/tの値段で計算すれば、年間で1.444憶元の利益をもたらす。ワイヤロープの使用コストと人力コストの節約効果が著しい。

≪機械管理開発≫2015年第7期

作者:大同石炭グループ雲岡炭鉱 楊歩忠

投入産出比率分析 (港応用案例分析)

  • 对比项目
  • 人工検測
  • TCK.W創新技術
  • 1.安全保障
  • 人工検査の信頼性がよくない、ワイヤロープ内部の損傷は検出できません。そのため常に重大な危険が潜んでいる。
  • マシンの知恵検測が人工検測を代わります。内部、外部の各種類損傷を全面的に検測し、ワイヤロープの安全性を最高レベルに引き上げる。
  • 2.コスト下げ、効率向上
  • 検測速度0.3m/s、エネルギー消耗が高くて、効率が低い、検測時間も長い; 定期検測:年間平均検測16.5回、毎回検測時間2hで計算すれば、年間検測時間消耗は約33h; 日常点検:1日2シフトの検測時間20分をかかり、300d/年間で計算すれば、時間消耗100hをかかる; ガントリークレーンは毎年ワイヤロープの検測時間が約133hかかる。検測際に作業停止である。
  • 生産の同時に検測を完成させたら、年間約133h検測時間を節約する;平均30TEU/Hで計算すれば、各ガントリークレーンは毎年3990TEU/Hの作業量を増加できる。 1600元/TEUで計算すれば、利益は634.4万元の増加を見通す。そして、TCK.W設備の使用寿命は10年間で、年間平均コストとリターンの比率は1:88より大きい。 MS会社の36台ガントリークレーンは全部TCK.W設備を使用後に、毎年利益は2.2982憶元が増加できた。
  • 3.ワイヤロープコスト
  • 定期や定量的にワイヤロープを交換し、コストの犠牲によって安全を保障する方式はワイヤロープにとって深刻な浪費である。
  • ワイヤロープのライフサイクルを監視し、科学的にコストを低減する。
  • 4.エネルギー消耗  
  • ウインチモータパワー:リフティングのワイヤロープ580w/h、ロープトロリのワイヤロープ270w/h、起伏ブームのワイヤロープ360w/h。リフティングのワイヤロープ/ロープトロリのワイヤロープ一回検測時間1.3h、電量消耗1105kw、起伏ブームのワイヤロープ検測時間0.7h、電量消耗253.4kw/h。年間16.5回、電量消耗22410kw/h。
  • 各ガントリークレーンは年間ワイヤロープ検測のエネルギー消耗22410w/hを減少できる;MS会社36台ガントリークレーンは毎年検測電力80.68万度を節約できる;二酸化炭素の排出量80.43万㎏も減少し、炭素の排出量21.94万㎏も減少できる。人件費 
  • 5.人件費 
  • 定期検測毎回2h/6人、年間平均198h;日常点検年間平均100h;年間検測時間298hをかかる
  • マシンの知恵検測が人工検測を代わる。
  • 6.科学的管理
  • 散在な記録、追跡性はよくない、ワイヤロープのライフサイクルに対して科学的に管理ができない。
  • 検出データの遡及できるし、ワイヤロープの安全使用寿命を正確に評価もできる。

投入産出比率分析 (石油応用案例分析)

  • 对比项目
  • 人工検測
  • TCK.W創新技術
  • 1.安全痛点
  • ワイヤーロープの外部欠陥は部分的に検出可能ですが,内部損傷は検出できません; 検出時間に死角があり、損傷の進展傾向を監視されていません。
  • ワイヤーロープの断線事故に隠れた安全問題を完全に排除し、安全性は最高レベルに達します。
  • 2.降本增效
  • 検測速度は0.3m/s、シフトごとに検測時間30分をかかり、毎日2シフトに1hをかかります。年次330就労日で計算すれば、検測は330hを占めます。
  • 検測速度3-6m/s、毎日2シフトに検測時間ただ3分しかかからず、年次検測時間<20h、機械の仕事時間は>300h増加です
  • 3.ワイヤーロープの使用コスト
  • コストを犠牲して、定期的または定量的な交換はワイヤーロープ深刻な浪費です。
  • ワイヤーロープ全体のライフサイクルを監視し、科学的にコストを削減します。
  • 4.エネルギー節約と排出量削減
  • 人工検測は毎日611kwh電力をかかり、年間20165kwh電力をかかります。
  • 毎年、電力189410kwhを節約し、188842㎏のCO2と51520㎏の炭の排出を削減します。
  • 5.人力コスト
  • 毎日ワイヤーロープの検測2h/2人をかかって、年次検測時間660hです
  • 人工検測を代わる人工知能検測です。
  • 6.科学管理
  • 散在した記録、貧弱なトレーサビリティ、科学的にワイヤーロープのライフサイクルを管理不可能です
  • ビッグデータで検出結果が追跡でき、ワイヤーロープのライフサイクルの推測可能です。

42か国の2500社ユーザーに技術とサービスを提供している