首页 / 製品情報 / ポータブルワイヤーロープ探傷器 / 5G超大直径(0860型Φ60—120mm)
超大直径ワイヤロープ探傷設備

超大直径ワイヤロープ探傷設備

☞ 人工検測を代わる人工知能検測です;ワイヤーロープの安全性は最高レベルに高めます。 ☞ 生産に伴って、検測を完成させます。生産と検測を組み合わせます。 ☞ ワイヤーロープ検測の専用時間を削減し、生産効率を明らかに高めます。 ☞ 人工検測に専用の機械運行消耗がなくて、エネルギーの節約効果が明らかです ☞ 科学的にワイヤーロープの使用寿命を延長し、使用コストを削減します。

私は誰でしょう——超大直径ワイヤロープ探傷設備

  動画リスト


動画リスト

_9{F`Y8GF)E07Y4}XAUI2`H.jpg


磁記憶式ワイヤーロープAI弱磁検測技術

    TCK.Wシリーズ製品は、ワイヤーロープ安全負荷能力の国際標準(ISO3154)規範の確認原則に従います。オンラインにワイヤーロープの内部外部断線、摩耗、さび腐食、疲労など様々な損傷によって、引き起こされた負荷金属の有効断面積の損失率を定量検測を通して

ワイヤロープが残った負荷能力と使用寿命を正確評価します。安全使用の規範要求および合理的な科学証拠は断線事故の予防、コストの削減とワイヤーロープの運行効率の向上にとって有効な保障です。


私が何をできる―定量、定位的にワイヤロープ内、外部の断線、摩耗、さび腐食、疲労など様々な損傷を検測します

ガンドリークレーンのワイヤーロープオンライン自動的な監視システム.jpg


検出率  反復率  正確率

ガンドリークレーンのワイヤーロープオンライン自動的な監視システム

ガンドリークレーンのワイヤーロープオンライン自動的な監視システム

 どうやって一台の優秀な検測設備を選択しますか   

    どうやって一台の優秀な検測設備を選択しますか。 中国のワイヤロープ検測設備は種類が多くて、偽物も多いです。もしお客様は使いやすくないあるいは使えない検測設備を選択すれば、ワイヤロープの安全管理の目標を実現できないし、逆に新たな安全問題をもたらす恐れがあります。それ以外に、技術が時代遅れの設備を購入すれば、企業に経済損失をもたらす可能性が高い。

    優勝な設備の選択は“検証結果を見る”が一番信頼できる方法です。検出率、重複率、準確率で設備の品質を検証すれば、優秀な設備が現れます。


ガンドリークレーンのワイヤーロープオンライン自動的な監視システム

ソフトウェア・インターフェース

検査報告書