ホットライン TEL: 86-379-65112397

一、製品のご紹介

索条は索道の「ライフライン」であり、強度損失のために索条が破損する危険性が常にあり。目とキャリパーによる現在の手動検査方法は低効率的であり、様々な制限もあります。従来のMRTは技術的な限界があり、索条の全てオンライン自動検測が不可能です。

TCK.W独創な高性能索条検測システムは人工検測の代わりで高性能機械で検測、世界の非破壊検測業界を悩ませている索条検測技術の問題を解決しました、中国、アメリカ、ヨーロッパおよび他の国全てのワイヤロープ基準達成、更に基準より性能高い技術を持っています。

二、システムの構成

三、規格パラメータ

现存的检测方法 现存的检测方法 现存的检测方法

1. 6D、30D断線数量の統計誤差:<1 *

2.ワイヤーロープ直径の測量誤差:±1% *

3.ワイヤーロープのスプライス変位量の変化誤差:±1-5mm

4.ワイヤロープトルク長さ測量誤差:<±1%

5.MRT損傷当量不確定度:<±1%

損傷検出率:

● 深刻な損傷:横断面積損失率がスクラップ上限の80-100%に達すると、リア ルタイム検出率100%

● 高程度損傷:横断面積損失率がスクラップ上限の60-80%に達すると、リアルタイム検出率100%

● 中程度損傷:横断面積損失率がスクラップ上限の40-60%に達すると、リアルタイム検出率>99 %

● 軽度損傷:横断面積損失率がスクラップ上限の20-40%に達すると、リアルタイム検出率>95 %

● 軽微損傷:横断面積損失率がスクラップ上限の20%に達すると、リアルタイム検出率>90%

損傷検測重複率:

● 深刻な損傷:100%

● 高程度損傷:100%

● 中程度損傷:>99 %

● 軽 度損傷:>95 %

● 軽 微損傷:>90%

6. 損傷点測位の正確率:≥99% 

7. 検査速度:0-3m/s;モニタリング速度:0-15m/s 

8. ワイヤーロープ直径の検査範囲:φ26-76mm

9. センサーの作動感度:≥1.5V/mT *

10. MRT最大サンプリングレート:2048回/m

11. 機械視覚のサンプリング頻度:>20回/s

l2. システム作動電圧:AC110V±10%50Hz

13. システム定格出力: 300W

14. ワイヤロープの震振り規制値:<10mm

15. 探傷装置場所の寸法:<φ175mm*1200mm

16. 作動環境温度:-20℃-55℃;温度:≤95%RH

17. 防水防塵レベル:IP67

欧州連合『索道指令』EN2000-9-EC基準達成

欧州連合『ロープウェイの設置安全要件』EN12927(ワイヤロープ)基準達成

アメリカ『鉄磁性ワイヤロープ電磁検測法』ASTM-E1571:2011基準達成

中国『索道索条の点検と廃棄基準』GB/T9075-2008 基準達成

国際標準『クレーンワイヤロープ点検と廃棄基準』ISO 4309:2004 基準達成

四、ソフトウェア検測画面(MRT検測システムとVI視覚認識二つのシステム)

MRT検測システムはLF.LMA損傷のデータ収集、データ処理、損傷分析、モニタ警報、曲線表示、検測レポートの印刷などの機能です。

VI認識システムは画像収集、画像分析、直径計算、損傷撮影、過去な画像表示、検索などの機能です。

五、検測レポート

現在状態弱い磁気検測図

  • ワイヤロープ現在状態の弱い磁気
  • 索道索条ジョイント分析レポート

総合検測レポート

索道索条高性能検測システム— 現場実績

スイスPIZOL索道 —— 『 中国質量新聞』はTCKWの検測技術を報道されました

オーストリアMellau索道—— 『科学新聞』はTCKWの検測技術を報道されました

シンガポール  セントーサ索道

北京万里の长城索道 —— 『国際商業新聞』はTCKWの検測技術を報道されました

シンガポール マウントフェーバー索道

<お問い合わせいただくにあたり>

● 電話番号欄には、必ず連絡の取れる電話番号(自宅もしくは携帯電話)をご入力ください。

● 製品の資料はEメールで送り致します。

*
*
*
*
*

快捷留言入口 获取详细的技术资料,请您提交留言!

400-859-1288