ホットライン TEL: 86-379-65112397
目 次

一、製品の紹介

TCK.Wワイヤロープオンラインリアルタイム検測システムは初めてワイヤロープオンラインリアルタイム高速自動検測が実現しました。

TCK.Wはワイヤーロープの断線、疲労などの様々な部分の欠陥(LF)に高い検出率があり、摩耗、錆、有効金属断面積に対しての損失(LMA)などの欠陥に、正確な区別力があり。ワイヤロープの「隠れた危険、無駄、低効率」三大管理の矛盾を成功的に解決し、「安全、節約、高効率」の三重管理目標を達成しました。

一、隐患 浪费 低效三大矛盾同在

本システムはお客様に実現の価値:

1. いつでも、ワイヤーロープの安全運行は全面的にモニタリング状態で可能です。

2. 生産の同時に生産と検測2つのプロセスを1つになり、1つの作業コーナーを減らして、設備の利用率を有効的に向上させます。

3. ワイヤーロープ検測専用設備の電力消費を減らす、省エネ効果が顕著です。

4. ワイヤロープの使用寿命は科学的に延長が出来、ワイヤロープのコストが安くなります。

経済効果は目覚ましい(例)

同炭グループを例にして、同社は弱い磁気検測技術を採用し、雲岡鉱の昇格機ワイヤロープにオンライン自動モニタリング後に、ワイヤロープの安全運行の隠れた危険を解決するだけではなく、経済効果も上昇しました。

1. TCK . Wのポータブル探傷器が雲岡鉱で投入によって、この鉱山はワイヤロープの安全検測レベルが技術的に越えることが実現し、ワイヤロープの人工検査が単純な管理現状を徹底的に変え、ワイヤロープの内外部の損傷、特に疲労損傷など隠れた危険を早速に発見し、事故の発生が有効的に予防することが可能です。

2. TCK . Wワイヤロープオンライン非破壊検測システムの応用より、ワイヤロープの積載能力、安全係数と使用寿命が正確に評価し、科学のためにワイヤロープを使って、ワイヤロープのコストを下げ根拠を提供し、雲岡鉱の安全管理を向上のために信頼性の技術保障を提供しています。

3.TCK . Wワイヤロープオンラインモニタリングシステムの応用も、雲岡鉱の経済効果をもたらした。この鉱山の主井、副井戸および横井の計4台のエネルギー消費はワイヤロープ検測だけ、毎年約100万kW・hを節約することが出来、毎年停止する時間を減らすのは約973hで、もしこれらをすべてが生産に使ったら、雲岡鉱の日平均の16 hで生産石炭の5000 t / d計算し、約30.4万tの原炭を産出し、経済効果が著しい増加しました。

转自—《机械管理开发》 单位:同煤集团有限责任公司

二、システムの構成

1. TCK.Wモード組合検測設置

ーオンライン定位据付、遠距離高性能無人運行モード;

ー広い間隔非接触式検測、検測の運行が安全保証できます。

ーワイヤロープ正常運行中では各種類の損傷はオンラインリアルタイム非破壊検出が可能です。

ー弱い磁気センサーの特性は高感度、高安定、高応答;

ー防雨、防震、防油の機能設計により室内外の全天候作業環境を適応です。

ー日常に無メンテナンス。

2. TCKW高性能型収集装置

ー高性能インテリジェントマルチチャネル情報の双方向自動インタラクションモード

モジュール化多機能ユニットの組み合わせ、アップグレードや更新しやすい

シールド式の情報受信抵抗保護の設計

3. TCK.W距離計量装置

ー高精度光電エンコーダ、ライトアルミニウム合金のフレーム構造を採用する。

-防松動型、自圧式フロートアームのカンチレバー、摩擦輪に複数のすべり止めサークルを付けて、ストローク計量の信頼性を確保する。

防シェイクイ及びパルス整形などの工業化設計により、信号が安定、ストローク計量の精度が高い。

4. TCK.W検測状態から自発的にシステムをお知らせ

同期分段に「黄色」が危険「赤」が限界オーバーのアラーム。

-損傷が限界オーバー、赤アラームの同時に安全な処理を実施する。

-設備が音と光表示を配置。

- Wメールで安全なお知らせ機能の装置(オプション)

リアルタイムモニタリング結果と過去統計データに基づいて、端末インターフェースに通報アラーム情報を表示し、ロックし、システムによってロックされたのアラーム情報を携帯電話メッセージで管理人に送信します。

5. TCK . Wマルチチャネル端末主制御装置

-マルチチャネルのステップ交換、同期受信高速度運行モード、有線/無線通信のオプション構成;

-プログラム制御ソフトウェア駆動システムの全機能を実行し、人工/自動の操作方式も切り替える可能です。

-簡易な人と機械のお互いに対応のインタフェースがあります;

-局域や公共ネットワーク互換性設計の予制を備え、情報資源の共有を実現が可能です。

-リアルタイムでワイヤロープの検出データを収集、分析、処理し、ファイルでデータ情報管理体制を作成します。

-検測データを検索ができるし、結果レポートの印刷もできます。

三、規格パラメータ

现存的检测方法 现存的检测方法 现存的检测方法 现存的检测方法

1. 6D、30D断線数量の統計誤差:<1 *

2. LF.LMA損傷量の値不確実性<±1%

3. ワイヤーロープ直径の測量誤差:±1%*

4. 損傷点定位の正確率:≥99%

5.検査速度:0-4m/s;モニタリング速度:0-15m/s

6.ワイヤーロープ直径の検査範囲:φ26-76mm

7. 損傷検出率:

● 深刻な損傷:横断面積損失率がスクラップ上限の80-100%に達すると、リアルタイム検出率100%

● 高程度損傷:横断面積損失率がスクラップ上限の60-80%に達すると、リアルタイム検出率100% 

● 中程度損傷:横断面積損失率がスクラップ上限の40-60%に達すると、リアルタイム検出率>99 %

● 軽度損傷:横断面積損失率がスクラップ上限の20-40%に達すると、リアルタイム検出率>95 %

● 軽微損傷:横断面積損失率がスクラップ上限の20%に達すると、リアルタイム検出率>90% <20% ,实时检出率>90%

8.損傷検測重複率

● 深刻な損傷:100%

● 高程度損傷:100%

● 中程度損傷:>99 %

● 軽 度損傷:>95 %

● 軽 微損傷:>90%

9. センサーの作動感度:≥1.5V/mT*

10. MRT最大サンプリングレート:2048回/m

11. 機械視覚のサンプリング頻度:>20回/s

12. システム作動電圧:AC220V±10%50Hz

13. システム定格出力: 300W

14. ワイヤロープの震振り規制値:<10mm

15. 探傷装置場所の寸法:<φ175mm*1200mm

16. 作動環境温度:-20℃-55℃;温度:≤95%RH

17. 防水防塵レベル:IP67

四、現在状態弱い磁気検測図

ワイヤロープの現状弱い磁気図

  • 索道索条ジョイント分析レポート
  • 総合検測レポート

総合検測レポート

ワイヤロープオンライン自動モニターシステム— 現場実績

<お問い合わせいただくにあたり>

● 電話番号欄には、必ず連絡の取れる電話番号(自宅もしくは携帯電話)をご入力ください。

● 製品の資料はEメールで送り致します。

*
*
*
*
*

快捷留言入口 获取详细的技术资料,请您提交留言!

400-859-1288